漫画

ルリドラゴンのアニメ化はいつ?声優や何巻何話までか予想!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【ルリドラゴン】とは眞藤雅興さんによるファンタジー日常漫画で、現在週刊少年ジャンプで連載されています。

ある日突然、角が生えた女子高生・ルリの日常が描かれており、角が生えたことに戸惑いながらも周囲の人々に理解されながら生活する姿にほっこりさせられます。

そんな【ルリドラゴン】ですが、早くも読者の間で気になるのはアニメ化になるのか?

アニメ化されるとすればいつなのか?ですね。

今回は【ルリドラゴン】がアニメ化されるとすればいつなのか?声優は原作の何巻何話までなのか?考察してみたいと思います。

Sponsored Link

【ルリドラゴン】アニメ化はいつ?何巻何話までか予想!

アニメ化はいつ?

「週刊ジャンプ」にて2022年の28号から連載がスタートした「ルリドラゴン」。

ボイスコミックがYouTubeで累計200万回再生されるほどの大人気作品。

ぜひアニメ化になってほしい!と思う読者も多いと思います。

アニメ化はいつからなのか、何巻の何話までが放送されるのかとても気になりますよね。

しかし残念ながら、現時点でのアニメ化発表はありません。

しかし作品自体はとても面白く、子供から大人まで楽しめる内容なので、すぐにでもアニメ化が決定されると思います。

読み切りタイプの漫画なので、1話1話が通常の漫画よりも短くなっています。

恐らくアニメ化になった際も、3分~5分ほどで放送するのではないでしょうか。

まだ連載がスタートしたばかりなので、今後のアニメ化に向けた動きに注目です!!

原作の何巻何話までがアニメ化される?

過去アニメ化された作品は漫画の何巻まで発売されていたのでしょうか?

鬼滅の刃 11巻
呪術廻戦は7巻
約束のネバーランド 8巻
ハイキュー!! 8巻

早くても7巻、平均8巻から10巻という感じですね。

アニメ化された後で話が原作に追いついてしまうを避けるために最短でも8巻から10巻程度のストックができるまではアニメ化はされないと思います。

ルリドラゴンのお話は1話が短いのでかなりのストックが必要で、これよりも長い期間が必要になりそうです。

おそらくアニメかまでは3年程度は必要ではないかと思います。

Sponsored Link

【ルリドラゴン】アニメ化なら声優は誰に?

アニメ化でかなり重要なポイントは声優さんだと思います。

声の雰囲気から、キャラクターのイメージも大きく変わってきてしまいますよね。

ルリドラゴンは、ボイスコミックの方で声を聞くことができます。

青木ルリ役は小見川千明さん

小見川千明さんは声優だけではなく、舞台女優としても活躍されており、高い声から低い声まで自由自在に操ります。

母親役は赤星真依子さん

 

逃げ上手の若君の清子

アオのハコの大喜の母役 千夏の友人

メテオ・ストライクの幼稚園生

ぱらそる同盟の成田の母

 

など主にデジタルコミック中心に活躍されています。

父親役は藤倉光さん

藤倉光さんについては情報があまりないですが、現在フリーで活動されている方です。

ルリの父親という重要な役なので、アニメ化されれば父親としてルリや母親と話すシーンも多くなると思います、今後に注目したいと思います。

 

今後アニメ化になった場合、現在のボイスコミックの声優さんのままで行うのか、それとも一転して別の声優さんになるのか。

とても気になるところでもあり、楽しみなところでもありますね。

ルリドラゴンは休載続きで打ち切りになる?世間の評価は面白い・面白くない?

まとめ

今回は「ルリドラゴン」のアニメ化や声優さん、あらすじや登場人物について解説してきました。

いかがだったでしょうか。

緩い感じのファンタジーも混ざった少し不思議な物語です。

冷静に自分自身を受け入れていくルリと、周りの人たちの順応能力の高さや緩さが最高だと読者からはとても好評のようです。

ルリと龍である父親の関係や、人間である母親と龍である父親はなぜ結婚したのかなど、気になることも多くあります。

今後、どんどん真実が明らかになっていくと思われます。

アニメ化への動きにも期待しながら、ストーリー展開も楽しみましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link