漫画

推しの子ルビーとアクアの父親は誰?監督や墓参りの男カミキヒカル?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2023年4月からアニメ放送が予定されている「【推しの子】」は2020年4月から週刊ヤングジャンプで連載されている漫画が原作です。

原作を担当されているのは「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」の「赤坂アカ」先生。

作画を担当されているのは「クズの本懐」の「横槍メンゴ」先生。

人気作家さんの共作なんです。

しかも、ただのアイドル漫画かと思いきや・・・ミステリー要素やファンタジー要素も兼ね備えていて、読み応え抜群の作品になっています。

「【推しの子】」はざっくりいうと、アイドルがひそかに産んだ双子が、母親の亡きあとに芸能界で生きていくお話です。

この話にどんなミステリー要素やファンタジー要素があるの?と思う方もいるでしょう。

実はこのアイドルを診察していた医師が第一話から殺されてしまうんです!

そして双子の兄として生まれてくるわけなんですが、前世の記憶もしっかり残っています。

生まれてきた妹も前世の記憶を持っていて、兄の前世と深いかかわりがありました。

その上、アイドルである母親も、双子の兄の目の前でストーカーに殺害されてしまいます。

成長した双子は二人別々のところで母親の死について知ろうとしていくんですよ。

母親を殺した人物はストーカーと言うことで事件は解決していたはずなんですが、腑に落ちない点があると気が付いた秀才の兄「アクア」が父親を捜し始めます。

しかも、一度は父親はすでに亡くなっていた。という話で落ち着いたはずなのに・・・。という感じで、今もまだ連載が続いている作品です。

もっと明るいお話かと思って読んだ人には、衝撃的だったかもしれませんね。

そこで今回は「アクア」と「ルビー」の父親について考察していきたいと思います。

Sponsored Link

推しの子ルビーとアクアの父親の正体は誰?

ミステリー要素もファンタジー要素も兼ね備えた、芸能界漫画「【推しの子】」 が2023年4月にアニメ放送予定!

その「【推しの子】」のメインテーマである「アイ」を殺した黒幕がいることに気が付いた「アクア」は父親が黒幕だと思い、芸能界で「アイ」に近かった人物をさがし始めます。

黒幕かもしれない「ルビー」と「アクア」の父親が誰なのか、考察してみました。

斉藤壱護社長(さいとういちご)

まず「ルビー」と「アクア」の母親である「アイ」に一番近い存在だった、「アイ」が所属していた事務所「苺プロ」社長の「斎藤壱護」を疑いたくなりますよね。

「アイ」は施設で育った過去があります。

愛するということが分からないと言う「アイ」にとって、自分を見出してくれた「壱護」に思慕を抱いてもおかしくはありません。

「壱護」は「アイ」が亡くなってから忽然と姿を消し、「苺プロ」の代表は妻が引き継いでいます。

失踪するということは、何か後ろめたかったから?と疑いたくなりますね。

ただ「壱護」は「アイ」のことを娘のように思っていたと言い、のちに「アイ」の娘「ルビー」に力を貸すようになりました。

「ルビー」が自分の娘だから力を貸している。と考えることもできますが、「アイ」は事務所の所属タレントです。

弱小事務所である「苺プロ」にとって「アイ」は稼ぎ頭ですから、その稼ぎ頭に手を出すとは考えにくいんですよね。

上原清十郎(うえはらせいじゅうろう)

「アクア」は「アイ」を腹ませた父親が芸能界にいると考えて調査をするのですが、その過程で「アイ」に近しい人物と自分のDNAを検査します。

その金額はなんと500万円超え!

たった16歳の高校生がそんな金額を支払ってでも知りたかった父親の情報が、人気漫画が原作の舞台出演していた「アクア」の耳に入りました。

なんと舞台で共演していた俳優「姫川大輝」と異母兄弟だとわかるのです。

「アクア」は「姫川」に対して率直に事実を尋ねたのですが、父親の「上原清十郎」はすでに亡くなっていることを聞かされます。

しかも「上原清十郎」が亡くなったのは、「姫川」の母親と心中したからということでした。

「アクア」と「ルビー」が生まれた2~3年後に「姫川」の両親が心中しています。

時系列をたどれば「上原清十郎」が「アクア」と「ルビー」の父親という可能性は高いかもしれません。

しかし、ここで気になるのが8話で「アイ」が電話をした人物です。

「アイ」は復縁の申し出などではなく、大きくなった子供たちを見に来ないかと”誰か”に電話をしています。

この電話の相手が父親だと考えると「上原清十郎」は父親でない。ということになります。

この頃「ルビー」と「アクア」は4歳になるかならないかくらいで、すでに「上原清十郎」は亡くなった後なのです。

その上、72話で「アイ」の墓参りに来ていた「ルビー」とすれ違った男性が、「ルビー」のことを自分の子供だという発言をしています。

つまりすでに亡くなっている「上原清十郎」は父親ではなく、「アクア」と兄弟であることが分かっている「姫川」の父親も「上原清十郎」でないと言うことになります。

「姫川」は父親が嫌いで母親の姓を名乗っていたわけですが、母親が托卵していたと知ったら複雑でしょうね。

監督:五反田泰志(ごたんだ たいし)

「五反田泰志」は「アクア」の役者としての才能をいち早く見抜いた人物です。

「アイ」と一緒に撮影現場に来ていた「アクア」の幼いのに大人のような物言いをする様子を気に入り、急にキャスティングしました。

「アイ」が亡くなってから「アクア」は「五反田泰志」に弟子入りを志願しまし、独身ながらも「アクア」にとって父親のような存在になります。

弟子入りした「アクア」は演技指導や映画撮影の手伝いをして稼いだお金を、DNA鑑定費用に充てたんですね。

「五反田泰志」は長年の付き合いで、「アクア」と「ルビー」が「アイ」の隠し子であることに気が付いていましたが、それに触れることはしませんでした。

5話の冒頭でインタビューを受けているシーンがあるのですが、この時自身が監督を務めた「15年の嘘」という映画について語っています。

「15年の嘘」の内容は明らかになっていませんが、この映画は「アイ」に捧げたものだと言っているので、「アイ」が隠していた「アクア」と「ルビー」についての話のような気がしますよね。

もし「五反田泰志」が「アクア」と「ルビー」の父親だとすれば、わざわざ自分から暴露して炎上させるようなことはしないはずです。

そう考えると「五反田泰志」が父親の可能性は限りなく低い気がします。

鏑木勝也(かぶらぎ まさや)

「鏑木勝也」は「アクア」が出演したドラマ「今日は甘口で」のプロデューサーです。

役者にはならないと言っていた「アクア」が二つ返事で「今日は甘口で」に出演を決めたのは、「アイ」が昔使っていた携帯電話に「鏑木勝也」の名前と電話番号があったからでした。

「アイ」の交友関係はとても狭く、携帯電話に名前や番号が残っている人物の中に父親がいると「アクア」は考えていたのです。

「アクア」はあえてドラマに出演して、「鏑木勝也」に近づき、タバコの吸い殻を使ってDNA検査をします。

この検査で「鏑木勝也」は父親でないと判明します。

しかし「鏑木勝也」は「アイ」の過去に詳しいことが分かった「アクア」は、情報を貰う代わりに勧められた「恋愛リアリティショー」に出演することになったのです。

DNA検査で父親でないことが分かった「鏑木勝也」ですが、父親に近づくための重要な情報をもたらす可能性があるキーマンであることは間違いなさそうです。

Sponsored Link

墓参りの男カミキヒカルが有力?

ここまでは名前が出ている登場人物に焦点を当てて来たので、次は名前のない人物に注目していきたいと思います。

墓参りの男

「上原清十郎」の時に少し書きましたが、57話で「ルビー」が「アイ」の墓参りをしたときに登場した人物が最有力候補だと思われます。

「ルビー」が「アイ」の墓参りを終えて帰っているときに、帽子をかぶって眼鏡(サングラス?)を掛けた男性とすれ違います。

後ろ斜め方向から描かれているので、顔も年齢も全くわからない男性です。

この男性は「ルビー」のことを美人に育ったと口にし、さすが「アイ」と自分の子だと褒めます。

この言葉は「ルビー」に向けたものではなく、すれ違いざまにひとり言をつぶやいた感じで、「ルビー」は全く気が付いていません。

この男がなぜ「アイ」の墓の場所を知っていたのかという点が気になりますよね。

「アイ」は身寄りがなかったはずなので、墓を建てたのはおそらく「苺プロ」でしょう。

幼子だった「アクア」や「ルビー」にお金があるわけがありませんし、手続きなどもできるわけがありませんから、それは間違いないでしょう。

だったらなぜこの男は墓の場所を知ることができたのでしょう。

もしかすると「苺プロ」の関係者だったのかもしれないと思いました。

そう考えると「アイ」の死後、「壱護」が姿を消したのもうなずける気がするんですよね。

「アイ」のストーカーに居場所を暴露したのが「苺プロ」の関係者だとしたら、「壱護」が自分を責めて失踪する気持ちもわかります。

カミキヒカル

妹のルビーが大ブレイクしますが、アクア所属する『苺プロダクション』の元社長、斎藤壱護の入れ知恵があると気付いたアクアは斎藤元社長に会いに行きます。

そこで斎藤元社長から聞いた事実

上原清十郎夫妻の心中が星野ファミリーが新居に引っ越しする前だったこと

姫川愛梨は託卵の可能性があること

③心中事件はそれを知って激昂した上原が一方的に起こした可能性があること

上原は星野ファミリーの住所を知ることは不可能。

姫川愛梨の子供は違う男の子供だった可能性がある。

アクアは斎藤元社長の話を聞いてかなり混乱・動揺します。

そして黒川あかねが日本映画賞の受賞会場でアクアと見間違えるほど似ている男とすれ違います。

その男の名こそ劇団のOBであり、劇団の関係する授賞式には必ず白いバラを贈る「カミキヒカル」だったのです。

第79話で、謎の少女により、ゴロー事件の当日リョースケと中学生くらいの男が病院周りにいたことが明かされましたね。

ゴロー事件の犯人=アイ事件の犯人=リョースケであることは判明しているので、リョースケと行動していた中学生くらいの男こそが黒幕の正体。

あかねはカミキヒカル本人が情報提供者つまり父親=星野アイの事件の教唆犯ではないかと思います。

リョースケと行動していた中学生くらいの男、年齢も合致、アクアと容姿もそっくり。

当時15歳の少年カミキヒカルが、父親であり星野アイの事件の教唆犯なのでしょうか?

現在原作は10巻までしか出ていないので、真相が判明するまでにはまだまだ色々ありそうな気がします。

劇団「ララライ」に所属していた俳優

「鏑木勝也」から「アクア」にもたらされた情報の中に、「アイ」が劇団「ララライ」の男性と恋に落ちたというものがありました。

姿形はシルエットしかなく、どんな人物なのか全く想像がつきません。

この男性が墓参りに来た男と同一人物なのかさえ明かされていない状況ですが、「アイ」と恋人関係になっていたとすれば同一人物の可能性もありますよね。

まとめ

今回は「【推しの子】」の「アクア」と「ルビー」の父親が誰なのか考察してみました。

いかがだったでしょうか。

ほとんどの人物が可能性が低いという結果になってしまいました。

ただ、父親の可能性はない。または低い人物も、黒幕の可能性は否定できないんですよね。

「アクア」は父親がストーカーをたきつけた黒幕と思っていますが、父親と黒幕が同一人物かどうかもわかっていません。

もしかすると黒幕は父親と別人の可能性も否定できないので、今回紹介したキャラクターの中に黒幕がいる可能性もあります。

ただ最有力候補の墓参りの男が誰なのか気になりますね。

「ルビー」はすれ違っても誰だかわかっていない様子でしたから、そこまで有名じゃない人物か。裏方系の職種をしているのか。

それとも、単に「ルビー」が知らなかっただけなのか。

まだまだ謎だらけで、続きが気になります。

2023年4月から放送されるアニメもどこまで放送されるのか。オリジナルの完結をするのか。など気になりますね。

放送開始まで約2ヵ月!

楽しみで仕方ありません。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

推しの子に似てる漫画一覧!作者が同じかぐや様とアクタージュがおすすめ!

Sponsored Link