漫画

【嘆きの亡霊は引退したい】 強さランキング!シトリー・リズ誰が最強?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「ストグリ」の名で親しまれ、新作ラノベ総選挙2019「新文芸・ブックス部門」で2位を獲得したライトノベル『嘆きの亡霊は引退したい』

人気急上昇でアニメ化が期待されている人気作品ですが、今回は登場人物のなかで、どのキャラクターが最強なのか、ランキング形式で紹介してみたいと思います。

Sponsored Link

【嘆きの亡霊は引退したい】 強さランキング!10位から4位

10位 ギルベルト・ブッシュ

レベル4の若手ハンター。煉獄剣を使って戦う。

ギルベルトの実力に仲間がついてこれず、自分からパーティーを脱退した過去があります。

気が強く、怖いもの知らずな性格。

9位 ティノ・シェイド

リィズの弟子であり、レベル4の盗賊。

可愛い見た目とは逆で、強く戦闘能力も優れています。

将来有望な若手ハンター。

8位 ルーク・サイコル

リィズとシトリーの兄で、クライの幼馴染。

剣聖に弟子入りし正統剣術を学び、「千剣」の二つ名を持つ。

帝都でも最強と言われる剣士です。

7位 ガーク・ヴェルダー

探索者協会帝都支部の支部長で、元レベル7のハンター。

周囲からの信頼も厚く、引退後の腕っぷしは健在。

6位 ソフィア・ブラック

魔術結社(アカシャの塔)のメンバーで、ノトの一番弟子。

研究者でもあり、魔導士としての実力も優秀です。

5位 スヴェン・アンガー

レベル6のハンターで、黒金十字のリーダー。

ハンターには珍しい射手で、「嵐撃」の二つ名を持っています。

4位 シトリー・スマート

嘆きの亡霊のメンバーで、錬金術師。

帝都一の頭脳を持っているが、ある事件でレベルを降格され、現在はレベル2。

 

【嘆きの亡霊は引退したい】 強さランキング!3位から1位

3位 ノト・コクレア賢者

魔術結社(アカシャの塔)のメンバー。

以前は帝都で賢者と呼ばれるくらい優秀な魔術師だった。

2位 リィズ・スマート

嘆きの亡霊のメンバーで、レベル6のハンター。

圧倒的な素早さと高い戦闘能力を持っており、「絶影」の二つ名を持っています。

気に入らない奴は、とりあえず殴って解決すればいいと思っている。

1位 アーク・ロダン

聖霊の御子(アーク・ブレイブ)のリーダーで、レベル7のハンター。

外見も中身もイケメンで、魔術と剣術のどちらもレベルが高く、「銀星万雷」の二つ名を持っています。

クライが最も信頼している人物の一人でもある。

 

【嘆きの亡霊は引退したい】 強さランキング!あらすじ

すべての始まりは幼馴染の「トレジャーハンターになろうぜ」、その一言から主人公の人生が動き始めます。

トレジャーハンターとは、世界各地の遺跡「宝物殿」を回り、富・名誉・力を手にすることが出来る花形の職業として人気が高い。

物語の主人公である、クライ・アンドリヒも幼馴染6人とパーティーを組み、世界最強のハンターを目指します。

幼馴染たちはそれぞれ、ハンターに必要な珠玉の才能を持っていたが、クライだけ全く才能がありませんでした。

いつか必ず自分のせいで仲間を危険に晒してしまうと考えたクライは、夢を諦めることにしました。

そんなクライに対し、幼馴染たちはなぜかクライをリーダーに。

クライ自身も全く理解出来ないまま、どんどん流され、クラン(始まりの足跡)のクランマスターとなり、更に「嘆きの亡霊(ストレンジ・グリーフ)」のリーダーにされてしまいます。

危険なハンター業で命を落とすのが怖いクライは、あらゆる手段で危険や揉め事を回避します。

そんなクライですが、何故か周囲からの信頼と評価が高く、期待される日々。

果たしてクライは穏やかにハンター業を引退したいすることができるのでしょうか。

Sponsored Link

【嘆きの亡霊は引退したい】 強さランキング!登場人物

クライ・アンドリヒ

物語の主人公であり、嘆霊(ストグリ)のリーダー。

幼馴染たちとトレジャーハンターを目指すが、自分だけ才能がなく、成長速度が遅い事に気づき、ハンターになることを諦めます。

何の得意分野もなく、何もかも上手くできない器用貧乏。

危険なハンター業で命を落とすことを怖がっていますが、なぜが次々と重大な事件を引き起こしてしまいます。
趣味はお宝集めと甘味所巡り。

特技は「土下座」で、嫌なことや面倒くさいことが起きるたびに「ゲロ吐きそう」と呟く。

アーク・ロダン

聖霊の御子(アーク・ブレイク)のリーダーであり、レベル7のハンター。

たった6人でレベル7の宝物殿を攻略した実力を持っています。

外見だけではなく、性格も良いので、クライに厄介ごとを押し付けられても嫌な顔せず、引き受けています。

なぜかティノにはすごく嫌われている。

リィズ・スマート

嘆霊(ストグリ)のメンバー。

クライの幼馴染で、レベル6のハンター。

圧倒的な素早さと戦闘能力から「絶影」の二つ名をもつ。

常に戦場を求め、強者と呼ばれる者にはすぐ戦いを挑む癖があり、パーティー内のトラブルメーカー。

クライのことが大好き。

シトリー・スマート

嘆霊(ストグリ)のメンバーで、クライの幼馴染。

薬品の精製や魔法生物の育成・使役をする錬金術師です。

落ち着いた性格で、パーティの指揮や周囲との交渉担当。

以前は帝都一の頭脳を持つと言われていたが、ある事件をきっかけにレベルを降格され、現在はレベル2。

ルーク・サイコル

嘆霊(ストグリ)のメンバー。

クライの幼馴染で、レベル6のハンター。

剣聖に弟子入りして、正統剣術を学び、帝都でも最強と噂される剣士の一人です。

強者を見つけると、幻影だろうが魔物だろうが気軽に切りかかる癖がある。

パーティーを脱退しようとしたクライをリーダーに任命した張本人。

ティノ・シェイド

リィズの弟子であり、レベル4のハンター。

現在はソロハンターとして活動しているが、将来は嘆霊(ストグリ)のメンバーになることを目標にしています。

師匠であるリィズに洗脳教育をされたのか、クライを神だと思っており、「ますたぁ」と呼んで、とても慕っています。

クライと同様に甘い物が大好きで、一緒に甘味所巡りすることも。

ギルベルト・ブッシュ

宝具である煉獄剣を扱うレベル4の将来有望なハンター。

物心ついた頃から師に剣を習い、十歳を超える時には、生まれ育った村の中で他者を寄せつけない程の強さを得る。

気が強く喧嘩腰なところがあり、何度かティノに殴られています。

ガーク・ヴェルダー

探索者協会帝都支部の支部長で、元レベル7のハンター。

強面な外見だが、周囲からの信頼が厚く、尊敬されています。

すでに現役は引退しているが、腕っぷしは今も健在。

スヴェン・アンガー

黒金十字のリーダーで、レベル6のハンター。

ハンターには珍しく、弓を使って戦う。

一度矢が放たれれば、幻影や魔物までも吹き飛ばす威力がある。

面倒見がよく、堅実でまじめなところがあります。

ノト・コクレア賢者

魔術結社(アカシャの塔)のメンバー。

以前は、帝都で賢者と呼ばれるほどの優秀な魔導士だったが、飽くなき探求心から禁断の知識を求めたため、帝都から追放される。

現在は、魔術結社(アカシャの塔)で違法な研究をしています。

フリック・ペトシン

魔術結社(アカシャの塔)のメンバー。

ノト・コクレア賢者の二番弟子であり、魔導士としても優秀。

真っ赤な髪の毛と目が特徴的で、嘆霊(ストグリ)に敵対心をもっています。

まとめ

「嘆きの亡霊は引退したい」は、2019年にライトノベル小説として発売され、2019年春にはコミック化も決定・発売されています。

今回は、そんな人気作品「嘆きの亡霊は引退したい」に登場する人物の強さランキングについて解説してみました。

どの人物も個性的で、能力も高く、物語の中では欠かせないキャラクターです。

主人公のクライも、運がいいのか悪いのか。

危険なハンター業を避けている割にはいつも事件を起こしています。

読みながらついつい笑ってしまう、ファンタジーコメディ。

皆さんも、ぜひ読みながら誰が強いのか考えてみて下さいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

【嘆きの亡霊は引退したい】軍神ちゃんとよばないでに似ている?他の漫画は?

【嘆きの亡霊は引退したい】 打ち切りが確定?面白いのか面白くないか検証!

 

Sponsored Link