漫画

お嬢と番犬くん最終回結末は?一咲は啓弥と結婚するか予想も

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ヤクザの組長の孫である瀬名垣一咲と、その世話係である若頭の宇藤啓弥の恋愛模様を描く、ドキドキ恋愛漫画「お嬢と番犬くん」。

5歳の頃に両親を亡くした一咲は、ヤクザの組長である祖父に引き取られて以降、親代わりであり世話係でもある啓弥にずっと恋をしていきました。

そんな2人の心境の変化があったのが、一咲が高校入学を期に「普通の恋をする!
」と宣言した時。

これまで親子のような関係を築いていた2人の時間が恋愛に向けて動き出します。

先の予想がつけられないほどの世界観に読者は「最終回どうなってしまうの!?」と期待と不安でいっぱいではないでしょうか。

そこで今回はお嬢と番犬くん最終回結末予想!啓弥と一咲は結婚するのかについて解説していきましょう。

Sponsored Link

お嬢と番犬くん最終回結末予想!一咲は啓弥と結婚する?


恋愛に対する考えの違いや周囲からの目を乗り越え、無事恋人同士となった啓弥と一咲。

これまで我慢してきた分、ラブラブすぎる恋人っぷりですよね。

そんな2人は最終回どのような結末を迎えるのか、無事結婚まで進めるのか気になりますよね。

早速予想してみましょう!

 

一咲は啓弥と結婚

初めは啓弥の「好き」と一咲の「好き」の意味がすれ違い、恋人になってからもかなりヒヤヒヤさせられましたよね。

元々裏の世界で生きてきた啓弥にとっては、これが初恋で初めての彼女と言っても過言ではないと思いますが、考え方があまりにも極端すぎて、「これはすぐに破局だ」と思った読者も多いと思います。

しかし時間が経つごとに徐々に徐々に恋人のようになり、今では見るのも恥ずかしいほどのイチャイチャを見せてくれました。

そこで次に気なるのは啓弥と一咲は結婚するのかどうか、ですよね。

今のままでいられれば十分に結婚する可能性はありますし、そもそも啓弥が一咲を手放すとも思えません。

更に祖父である瀬名垣組の組長である瀬名垣太助にも2人の交際がバレ、反対されるかと思いきや案外あっさりと「まァいいんじゃねェか」と認められていました。

しかもずっと一咲が啓弥に片思いをしていたことを知っていたらしく、それでも止めることなく見守っていた姿から、2人が結婚することに反対はしないと思われます。

むしろ大切な孫の世話係まで任せている啓弥には最大の信頼を置いている可能性があり、そんな男と孫が結婚するとなれば安心できるかもしれませんね。

一咲は啓弥と結婚しない

しかし、やはり生きている世界が他のカップルとは違い、多くの危険が2人は伴います。

実際に作中でも一咲が他所の組に誘拐されたり、中には啓弥絡みで危険な目にあったことも。

2人が付き合たことでも問題は生じそうですが、これが結婚ともいえば、最悪組同士の争いにもなりまねませんよね。

過去に一咲の母親も組の者と付き合っていましたが、最終的には別の人と結婚し、一咲を守るため組を抜けるます。

初めは好き同士で付き合った啓弥と一咲ですが、お互いのため、そして周囲の人間のため結婚という道は選ばない可能性も十分に考えられます。

2人のファンにとってはすごく悲しい結末ですよね。

一咲は四道と結婚する

原作7巻で登場する強面ながらも心の優しい男性、四道國考。

昔、一咲の母親である翆の世話係として瀬名垣組を支えていた人物です。

そんな四道は翆が生まれた一咲を連れてきた際、「一咲には陽のあたる場所を歩いてほしい」という言葉を聞きます。

その言葉がずっと頭にあった四道、初めは啓弥との交際も親目線になって反対していましたよね。

しかし次第に一咲と時間を過ごすうちに、昔翆を守り切れなかった過去の思いや、一咲の太陽のように明るい笑顔を見て、いつしか一咲に惹かれていくのではないでしょうか。

一方の一咲も啓弥を守るため、啓弥との未来を諦め、四道のいる関西の組に移り、そこで四道と結婚すると考えられます。

Sponsored Link

お嬢と番犬くん最終回結末予想!一咲は結婚せずに家業を継ぐ


現在、単行本9巻まで発売されており、付き合い立てのカップルである啓弥と一咲がとても可愛らしい時期に突入しています。

そんなお嬢と番犬くんの最終回はどうなるのでしょうか。

作中を振り返りつつ、最終回の結末を予想してみましょう!

一咲は結婚せずに家業を継ぐ

まず1つ目の予想は、一咲は結婚せず家業を継ぐということです。

幼いころはヤクザということで周囲から怖がられ友達のいなかった一咲。

しかし自分が大事にされてきた組を守るため、そして何より啓弥と一緒にいるため、結婚という形ではなく組長とその部下という形を選ぶのではないでしょうか。

「一番望んでいるのは啓弥との日常」と以前、四道に話していた一咲。

そこには未来を大きく望むわけではなく、このままこの家で一緒に暮らしていたいという気持ちが強いことが分かります。

特別な夫婦という形ではないとしても、隣に啓弥がいる道を選ぶと私は予想します。

一咲は家業も継がず一般人と結婚する

2つ目の予想は家業も継がず一般人と結婚するということ。

一咲の母親である翆は、生まれた一咲を連れて15年前に瀬名垣組を訪れます。

その際に、「これっきりもう二度とここへは戻らない」と断言し、「一咲には陽のあたる道を歩いていってほしい」と父親と四道に話します。

これは翆もヤクザの家族ということで、周囲から白い目で見られてきた過去を持つことが分かる言葉ですよね。

しかしその後事後で亡くなり、一咲はヤクザである祖父に引き取られます。

そして啓弥と出会い、恋人同士にまでなりますが、母の愛や想いに次第に気が付き、家業も継がず一般人と結婚すると考えられます。

恐らくその時にも啓弥に「ここには戻らない」と母親と同じことを言って、外の世界へ進んでいきそうですよね。

残された啓弥の気持ちを考えるのはかなり辛いですが、2人の選んだ道をしっかり見守るのも私たち、読者の務めかもしれませんね。

まとめ

今回はお嬢と番犬くん最終回結末予想!啓弥と一咲は結婚するのかについて解説していきました。

お互いの好きという気持ちがたとえ一緒になったとしても、運命は2人を残酷にも分けてしまうかもしれません。

今がちょうど付き合いたてで可愛い2人なので、ほっこりさせられますが、この先の未来を考えるとやはり心配になってしまいますよね。

しかし、これまでの恋愛漫画とはスケールの違う内容に、ドキドキしながらも魅了されてしまうのはお嬢と番犬くんの世界観の素晴らしさでもあります。

2023年にはアニメ化も決定し、続々とPVや声優陣が発表され、今後も盛り上がりを見せてくれることでしょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

お嬢と番犬くんアニメはいつどこでみれる?原作の何巻何話・何期まで放送される?

Sponsored Link