漫画

怪獣8号カフカが怪獣になった理由は?小型怪獣ミツケタの意味は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『怪獣8号』は現在『少年ジャンプ+』で連載されている漫画であり、2024年4月にアニメ化が放映されることになっています。

『SPY×FAMILY』も『少年ジャンプ+』で連載し、社会現象になった作品ですので、今後アニメ化すれば『怪獣8号』もかなり人気になるのは間違いないでしょう。

漫画に出てくる日本防衛隊には、第三部副隊長の保科宗四郎や防衛隊隊長官の娘で、史上最高の逸材と呼ばれる美少女・四ノ宮キコルといった魅力的なキャラクター達が登場しています。

防衛隊の中でもおじさんと呼ばれる年齢のカフカが怪獣になってしまうのですが、その理由が気になります。

そこで今回は怪獣8号カフカが怪獣になった理由や小型怪獣のミツケタの意味は?について見ていきたいと思います!

Sponsored Link

怪獣8号カフカが怪獣になった理由

主人公・日比野カフカは日本防衛隊に子供の頃から憧れていましたが、夢を諦めた今は怪獣清掃専門業者・モンスタースイーパーの社員として働いています。

ある日、市川レノという青年が現れ、彼は自分が防衛隊を目指していると宣言しました。

日比野は市川レノと共に怪獣の清掃をしていましたが、余獣(怪獣のあとに現れるもののこと)に襲われた所を日比野カフカの幼馴染である亜白ミナが彼らの危機を救います。

病院に搬送された日比野カフカは、病室のベッドに突然現れた小型の余獣に「ミツケタ」と言われ、そのまま抵抗する間もなく口に侵入されてしまいます。

すると彼の体は怪獣のような姿となり、壁を簡単に壊せるほどの強大な力を持つことになりました。

怪獣を操る黒幕的な組織がカフカを狙った?

『怪獣8号』では、怪獣が頻繁に侵略しにくるという世界観があります。

この怪獣たちは何のために、そしてどこからやってきているかは明らかにされていませんでした。

しかし98話で人語を理解する怪獣9号が、亜白ミナを捕まえながら自分の目的について話すシーンがありました。

それによれば

・東京を中心に陥落し、日本を侵略する

・自分たちの力を増すために、人類の中で有益となりそうな人物を取り込み怪獣として新たに生み出す

ということでした。

そのことから日比野カフカは怪獣たちの黒幕によって、人間を怪獣化するための実験に利用された可能性があります。

日比野カフカは自我を保ち、仲間たちのためにその力を使っていますが、中には自身を怪獣化されたことで強大な力を私利私欲のために使い、怪獣側に寝返る人間もいるのではないでしょうか。

過去の怪獣と対決させるため

怪獣9号の能力には過去の怪獣を蘇生させたり、他生物を取り込んで自分をパワーアップさせることができます。

そのため過去の怪獣たちを怪獣8号と戦わせ、蟲毒のように戦いで生き延びたものを選んで吸収しようと目論んでいるのではないでしょうか。

日比野カフカが働いていたモンスタースイーパーになぜか怪獣9号が人間態となって現れて働いているシーンがありましたが、ここにも日比野カフカを怪獣にした理由が隠されているかもしれませんね!

日本防衛隊を全滅させるため

当初、怪獣たちは突如現れて街を破壊するだけだと思われていましたが、物語が進むにつれ強い怪獣たちは高い知能を持ち、戦略的に地球を侵略しようとしていることが明らかになってきました。

特に暗躍しているのが怪獣9号と呼ばれる、エリンギのような頭部を持ち人類のような体型をした二足歩行の怪獣です。

自らの目的のためには邪魔な存在である日本防衛隊を全滅させるために、彼らの弱点を攻撃できるオーダーメイドの怪獣をわざわざ設計し、差し向けていました。

その中でも異質だったのが、四ノ宮キコルの父親である四ノ宮功を取り込んだのちに、四ノ宮キコルに似せた姿に変身できる怪獣15号です。

彼女は怪獣15号に自らを「パパ」と呼ばせて、親子のような疑似関係を作り都合よく操っていました。

怪獣9号は人間の感情をよく理解しているようで、日比野カフカを怪獣8号にしたのには日本防衛隊の特異点と呼ばれる亜白ミナを怪獣として取り込むための使える駒として利用しているのではないでしょうか。

Sponsored Link

小型怪獣の正体とミツケタの意味は?


『怪獣8号』は現在コミックス11巻まで出ていますが、いまだに何故日比野カフカに対して小型怪獣が「ミツケタ」と言った理由は明らかになっていません。

読者たちもいくつか考察をしているようなので、見ていきたいと思います。

敵対する怪獣側がカフカを狙って探していた

日比野カフカに小型怪獣が乗り移った頃、亜白ミナが日本防衛隊で頭角を現してきているのは日本中で有名なことでした。

そこで今後、自分たちの脅威になると考えた怪獣側は、亜白ミナの大切な存在である日比野カフカに目的を定めたのではないかと考えられます。

本来であれば簡単に体を乗っ取れると思われた日比野カフカの体ですが、何故か自我を持ったまま怪獣化してしまったのでしょう。

目論みの外れた怪獣側ですが、日比野カフカは日本防衛隊に所属することとなります。

仲間となった日本防衛隊の面々は、情が沸くことで今後日比野カフカを討伐することは難しくなるでしょう。

怪獣側はそのような日本防衛隊の自滅や内部崩壊を企んでいるのではないでしょうか。

みつけたの意味は小型怪獣自身と適合するのが唯一カフカだった

日本防衛隊でも過去捕らえた怪獣を使いスーツなどといった武器にして、逆に戦力として利用しています。

しかし全ての人物が使えるわけではなく、大多数は精神汚染されて死に至るようです。

日本防衛隊で適合者となった者は、鳴海玄・四ノ宮功・市川レノ・保科宗一郎です。

市川レノ以外は元々上位の強さの持ち主でしたが、市川レノは怪獣8号となってしまった日比野カフカを助けたい一心で適合者としての資格を得ました。

小型怪獣がカフカを見つけた理由は明らかになっていませんが、みつけたと言いながらカフカの体の中に侵入したことから考えると、唯一の適合者だったのは間違いありません。

小型怪獣はカフカ自身

最近では『東京卍リベンジャーズ』のように主人公がタイムリープして過去を変えるという作品が多くありますね。

そのため読者の中には実は小型怪獣が日比野カフカで、未来から過去に戻ってきた姿ではないかと考えている方もいるようです!

小型怪獣の姿を見ると、脳部分が盛り上がり手のようなものが4本と尾がついており、魚のような顔とピラニアのような牙がついています。

怪獣化した日比野カフカですが、何らかの副作用がありこのような人間とはかけ離れた小型怪獣になったのではないでしょうか?

主人公の日比野カフカという名はこの説をより信憑性を高くすると考えられます。

カフカという名はチェコ出身の小説家であるフランツ・カフカがモチーフだと考えられます。

フランツ・カフカの代表作といえば『変身』であり、この小説はある男がある日突然、巨大な虫になってしまい最終的には身内に彼だとは気付かれずに殺処分されてしまうという話です。

そのため、小型怪獣は日比野カフカが怪獣の力を使ったためのなれのはての姿だともいえます。

まとめ

怪獣8号カフカが怪獣になった理由や小型怪獣のミツケタの意味は?はいかがだったでしょうか。

実は怪物だと思っていたものが、元人間だったという展開は『進撃の巨人』でも使われていましたし、『怪獣8号』においても怪獣が元人間であったという懸念も考えられます。

アニメ化や原作が進んでいけばカフカが怪獣になった本当の理由があきらかになっていくと思います。

物語が進むに連れてここでも追記していきたいと思います。

では最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

Sponsored Link