漫画

【ワールドトリガー】三雲修の武器や弱いって噂は?この先覚醒する?

ワールドトリガーの主人公で三雲修は、チーム内でもトリオン量がかなり低く、戦闘に強くないという特徴を持っています。

なので、弱すぎてイライラするという否定的なファンの声も、チラホラとあるようですね。

ここでは、三雲修が弱すぎると言われる理由や武器、この先覚醒して強くなることがあるのかどうかについて解説していきます。

Sponsored Link

三雲修のプロフィール

玉狛第二の隊長。
名前:三雲修(みくもおさむ)
誕生日:5月25日
年齢(連載開始時):15歳
身長:168cm
血液型:A型
星座:うさぎ座
所属:ボーダー玉狛支部
ポジション:射手(シューター)
好きなもの:親の手料理、橋

正義感が強い性格で、不良に対しても怖がらずに悪いことは悪いと、立ち向かう勇気を持った人物です。

他人を助けるために危険をかえりみないところなどを教師からも頼りにされていますね。

面倒見がよく、周りの人間を常に気にかけています。

また、ほとんどのシーンで冷や汗をかいていることが特徴です。

身体能力も特殊能力も低く、ボーダー部隊の中でも面接官に戦闘員でなくバックアップをすすめられるほどに、ステータスは低いです。

元々ボーダー部隊に属するC級隊員であったが、空閑 遊真が転校してからの一件で、B級に昇格、玉狛支部に属するようになります。

戦闘能力が低いぶん、戦略で勝負するタイプです。

三雲修が弱すぎるという理由について

「ワールドトリガー」の世界の中には、「トリオン」という概念が存在します。

「トリオン」は、ボーダーが使用する特殊武器・トリガーを使用するために必要なエネルギーです。これが無くなってしまうと、戦えません。

三雲修は主人公だというのに、玉狛第二のメンバーの中でも、この「トリオン」が一番少ないのです。

「近界民(ネイバー)に狙われるならあと三倍のトリオンは欲しい」と言われてしまう修は、敵の眼中に入らないくらいの弱さ!だという事ですね。

この、主人公なのにメチャメチャ弱い修は、玉狛支部の先輩、烏丸京介に「お前本当にB級か?」と聞かれてしまいます。

他の玉狛メンバーは先輩に褒められる中、修は空閑遊真の担当教官である木南桐絵からも、「玉狛に弱いやつはいらない」と言われ、もはや、ボロボロ!

こんなに弱すぎる修は作品ファン達から「逆なろう系主人公」というあだ名までつけられてしまいます!!(笑)

こういった、弱い主人公、という「決して無双や強くない人物が、気持ちで辛い現実に立ち向かう姿を応援したくなる!」というのも、ワートリが人気を博する理由のひとつなのかもしれません。

三雲修の武器や戦闘スタイル

修の戦闘スタイルは、嵐山隊の木虎藍に教えてもらった戦い方である、「スパイダー」です。

ワイヤーを使って相手の動きを封じる戦い方であり、身体能力もトリオン量も少ない修にはぴったりの戦い方だと言えるでしょう。

仲間の空閑遊真の能力も引き出せる上に、攻撃を相手に当てないのも、修に合っています。

修はその戦闘能力の低さを、知力で補う、戦略家としての腕がある、頭で戦うタイプのボーダーです。

ランク戦ROUND8では、空閑遊真&三雲修vs二宮匡貴の状況の中、修は不意を突いて銃を撃ちます。

敵である二宮は、後方に避けて攻撃を回避しますが、修が撃ったのは実は追尾弾で攻撃は二宮に命中します。

修は、トリオン量の少なさを逆手にとって、追尾弾を最後の隠し玉としてとっておいたのでした。

修の賢さを活かした戦い方がみてとれますね。

Sponsored Link

三雲修は覚醒して強くなる可能性はある?

トリオン量も少なく、「最弱」キャラである三雲修ですが、彼は持たざる者なりの戦い方、「工夫」「戦術」「知力」でこれに立ち向かっていきます。

B級ランク戦ROUND3において、来馬隊、那須隊と戦う玉狛第二ですが、修は那須隊の那須玲に「まだ戦いなれてない」と低い評価をされます。

対戦相手から見ても修は弱く見えるんですね。

しかし、その那須玲を他の敵2名と戦わせながら、那須の背後を取ることでプレッシャーをかけていきます。戦略家ですね。

那須を敵と同士討ちさせて、勝利をいただこうとします。

結局、修は那須に負けてしまうのですが、那須もトリオン切れで、ほぼ同士討ち。

他にも、仲間の雨取千佳をうまく逃がしておき、全滅を避けることで点を取るなどの上手な戦略を駆使。

太刀川慶は修の戦術を見て「こいつは曲者だ」と修の潜在能力を評価しました。

修は基礎能力の非常に弱いキャラでありながら、このように「頭を使う」事でどんどん強くなっていきます。

これから先、修が「戦略家」として覚醒し成長していくことも、この作品の見どころのひとつですね!

まとめ

今回は最弱といわれる、三雲修の武器や弱いといわれていること、この先覚醒するのか?について紹介しました。

三雲修は策略に優れており頭を使って戦う力があるため、徐々に部隊の勝利に貢献していると思います。 

今後も自分の戦い方を見つけていくなかで強くなっていくと思うので、この先の展開を楽しみにしたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Sponsored Link